今年1月、リーグアンのPSG対ナント戦で起きた仰天事件は大きな話題になった。

ナントDFジエゴ・カルロスと接触して転倒したトニー・シャプロン主審が、蹴りを見舞って“報復”したうえで彼を退場にしたのだ。

トニー・シャプロン

その後、謝罪したシャプロン氏には3か月の職務停止処分が下ったが、彼は審判業を引退。

同氏は2015年にハットトリックを達成したイブラヒモヴィッチに記念のボールを贈呈することを拒んだことでも話題になった人物だ。

そのシャプロン氏が『BBC's World Football』に出演し、イブラについて語った。

トニー・シャプロン(元審判)

「ズラタン・イブラヒモヴィッチ、彼は非常にうざいやつだ。

レフェリーだけでなく、常にチームメイトたちのことも非難していたし、常に対戦相手とトラブルを起こそうとしていた。

クレイジーなやつだ。素晴らしい選手だとは思うよ。だが、ピッチ上では別人だ。レフェリーとしては非常に厄介だった。

彼が“役者”であることを私は願っているよ。あまりにも多くのこと、クレイジーなことを口にするからね。

彼が口にすることを(本心では)思っていないことを願っている」