『Mirror』は26日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ヤングボーイズ戦について語った」と報じた。

本日夜に本拠地オールド・トラッフォードでの試合を控えているマンチェスター・ユナイテッド。

しかし今季チームはホームでの試合に苦しんでいる。成績は9試合を戦ってわずか3勝であり、バレンシア戦とユヴェントス戦ではチームバスが渋滞に巻き込まれてしまった。前者では開始時間を延期させることになり、罰金処分を受けている。

その際には、しびれを切らしたジョゼ・モウリーニョ監督が徒歩でオールド・トラッフォードに向かうという珍しい場面もあった。

ホームスタジアムでのプレーでいいところがないことについて、ジョゼ・モウリーニョ監督は以下のように話したとのことだ。

ジョゼ・モウリーニョ

(選手たちは本拠地で圧力を感じているのか?)

「私はそんなことをいいたくないね。それはこのスタジアム、我々のファンへの尊重を欠くことになると思うからだ。選手が敵地でのプレーを好んでいるとは。

全面的に否定するよ。明日のヤングボーイズ戦をマンチェスターでやる方がいいか、あるいはベルンでやるほうがいいか。聞かれればいつだって『ホームでやりたい』と言うよ。

もし圧力を感じているならば、家にいればいいさ。人々が応援に来るなら歓迎だ。私はなんの圧力も感じていない」

(オールド・トラッフォードでは2回交通渋滞で到着が遅れたね。先月のバレンシア戦も…)

「ホテルを変えたよ。マンチェスターの中心部から来ることはない。オールド・トラッフォードからすぐそばの場所だ。

クラブ関係者や警察の情報によれば、物事は良くなるはずだ。それでも遅れるようなら、私はまた歩いていくよ!」