鹿児島ユナイテッドFCは、25日の明治安田生命J3リーグ第33節のアスルクラロ沼津戦を2-0で勝利。これにより今季のリーグ2位が確定し、J3参入から3年目で悲願のJ2昇格を決めた。

鹿児島がJ2ライセンスを取得したのは昨年9月。今季は「自動昇格の2位以内」を目標に掲げ、絶対的なストライカーが不在の中、僅差の勝負をものにして勝点を積み上げてきた。また、シーズンを通して大崩れした試合が少なかったのも、昇格に成功した要因と言える。

クラブは昇格決定前の22日、来季の新ホームキットのデザインを発表。このユニフォームで2019シーズンはJ2リーグを戦うことになる。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Kagoshima United 2019 Puma Home

鹿児島ユナイテッド 2019 Puma ホーム ユニフォーム

NEWキットのサプライヤーはPumaで継続。現時点でユニフォームに関する詳細な情報は少なく、スポンサー企業(ロゴマーク)に関しては変更の可能性もあるとのこと。ただ、ひとつだけ明確なのは、右袖には「J3」ではなく「J2」のパッチが付くということだ。

鹿児島ユナイテッド 2019 Puma ホーム ユニフォーム

背番号はフォントデザインを一新。2018年モデルよりもスタイリッシュな印象を受ける。キットは「PUMA TRIBES Strikerモデル」がベース。袖のドットグラデーションが印象的なキットで、欧州のクラブチームや代表チームも採用している。

最終的なスポンサー企業や、現時点で未発表の他のキットなどに関しては、改めて詳細をお届けする予定。