先日、バルセロナでの出場試合数が500に到達したスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツ。

カンテラ育ちで生え抜きでもある彼は今年で30歳になった。そのブスケツが『Catalunya Ràdio』のインタビューで様々な話題を語ったようだ。『Marca』によれば、こう述べたという。

セルヒオ・ブスケツ(バルセロナMF)

「(バルサでのキャリアが終わるのが)いつなのかは分からないよ。

もしそうなった時に気分が良ければ、別の種類のサッカーにもトライしたい。アメリカ、日本、もしくはカタールになるかもね。

全てが終わった時には家族と(の時間を)楽しみたい。これまで4日連続で休んだことは一度たりともないからね。

その後に監督になるための勉強をしたい」

バルサでのキャリアを終えた後、体調に問題がなければ、異国でのサッカーにもチャレンジしたいと明かしたそう。そして、その候補地のひとつとして日本も!

当然ながら、盟友アンドレス・イニエスタの存在が頭にあるはず。

ただ、カタールには元同僚チャビ・エルナンデスがおり、彼は2020年まで現役を続ける可能性がある。

もしイニエスタ&ブスケツの共演がJリーグで見られるとすれば胸熱だが…。