28日にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節が行われ、パリ・サンジェルマンがホームでリヴァプールを2-1と下した。

基本は4バック、ビルドアップの際はボランチのマルキーニョスが最終ラインに下がって3バックになるという特殊なシステムを組んだパリ・サンジェルマンは、前半13分にフアン・ベルナトのゴールで先制。

そして37分、ネイマールのスルーパスから左サイドにキリアン・エムバペが飛び出して折り返し。エディンソン・カバーニが合わせ、それをアリソンが弾くと…。

ゴール前に詰めたネイマールが左足で右隅に流し込んだ!PSGの前線を支える「MCN」(エムバペ、カバーニ、ネイマール)のトリオの流麗な連携だった。

これによってUEFAチャンピオンズリーグでの得点数を31としたネイマール。これでカカを上回り、ブラジル人選手としての最多ゴール記録を更新してみせたのだ。

前半終了間際にはリヴァプールがPKで1点を返すも、試合は2-1のまま終了。ホームのパルク・デ・プランスでパリ・サンジェルマンが勝利をあげ、グループ2位に浮上している。