イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンは3日、「マーク・ヒューズ監督を解任した」と公式発表した。

また、アシスタントコーチのマーク・ボーウェン氏、エディー・ニーズウィエツキ氏についてもチームを離れることが決まっている。

後任についてはまだ未定となっており、コーチを務めていたケルヴィン・デイヴィス氏が次節のトッテナム戦を指揮する予定となっている。

なお、『Telegraph』では現在後任の候補については「ラルフ・ハーゼンヒュットル氏が有力である」と伝えられている。

昨季までRBライプツィヒを率いていたハーゼンヒュットル氏は、欧州でも屈指の名将として評価されるようになった監督である。今季はフリーとなっており、プレミアリーグへの進出を狙っているという。

また、他にもキケ・サンチェス・フローレス氏が候補になっているとのこと。

ただ、マーク・ヒューズ氏との契約はかなり長く残っていたことから、サウサンプトンはその給与を支払わなければならず、経済的にはそれほど余裕はないと考えられている。