規律面での不品行ぶりが問題視されているバルセロナのフランス代表FWウスマヌ・デンベレ。

『Marca』によれば、クラブは彼の“更生”に取り組んでいるという。大きな問題は、早朝までビデオゲームとTVシリーズに夢中になっていることだとされている。

そんなデンベレに対して、バルサは夜中でも携帯電話をオフにしたり、サイレントにしたりすることを禁止したとのこと。

シカトできないように、いつでも電話に出られる体勢にさせたようだ。とりあえず、そういうところからやっていく…ということだろうか。