2018年の明治安田生命J1リーグで17位となり、2010年以来9年ぶりのJ2降格が決まった柏レイソル。

今季は序盤から迷走を続け、2度の監督交代を実施したが降格は回避できなかった。クラブは来季に向けて早くから動きを見せ、新監督には5年ぶりにネルシーニョ氏を招聘。そして前アビスパ福岡監督の井原正巳氏も、同じく5年ぶりにヘッドコーチへの復帰が決定している。

その柏とサプライヤーのYonexは27日、来季に向けた新しいユニフォームを発表した。デザインは「原点回帰」というべきもので、J1昇格シーズンにリーグ優勝した2011年モデルを彷彿とさせる。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Kashiwa Reysol 2019 Yonex Home

J2 柏レイソル 2019 Yonex ユニフォーム

NEWホームキットの色は伝統のイエロー/ブラック。袖部分には、濃淡をつけた2色の糸を織り交ぜた杢調素材を採用。濃淡2色の糸で「チームとサポーター」を表し、一丸となって戦う様を表現している。

J2 柏レイソル 2019 Yonex ユニフォーム

ユニフォームには、キシリトール効果で衣服内温度を3℃低く保つ機能「ベリークール」や、高いUVカット効果のある素材を採用。プレーヤーの疲労を軽減する効果を備えている。

J2 柏レイソル 2019 Yonex ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じに。注目すべきはパンツとソックスの色で、J1昇格シーズンに優勝した2011年モデル以来、7年ぶりにブラックを採用となった。これについてクラブは「原点に立ち返る」と説明している。

シャツのシルエットは17-18シーズンと同様に、選手と共同開発した「プロスタイル」を採用。動きやすさはそのままに、スタイリッシュなシルエットとなる形状を用いている。