先週末に行われたJ1第14節。

柏レイソル対川崎フロンターレの試合で、絶好調のFW伊東純也にまたもゴールが生まれた!

※02:13から

0-0で迎えた32分、柏は小池龍太がスピードのある縦パスを入れると、前方に走り込んでいた伊東はこれを巧みにコントロール!

華麗にターンしながら対峙していた谷口彰悟をかわし、いとも簡単に左サイドネットにボールを流し込んだ。ターンからシュートまでの流れは非常にスムーズであり、ワールドカップに向けた日本代表入りに向け再びアピールした。

伊東は試合後、このシーンについて「リュウ(小池龍太)とはあの形を練習していたので、イメージどおりではありました」「ターンしたときにGKは見えていたので、空いているところに流し込んだ」とコメント。

しかし、柏はこの後川崎に逆転を許し1-2え黒星。下平隆宏監督は退任となり、加藤望ヘッドコーチが監督に昇格している。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています