ブンデスリーガは先週行われた第17節で前半戦を終え、約1か月のウィンターブレイクに入った。

前半戦を首位で折り返したのは7シーズンぶりのリーグ制覇を狙うドルトムント。2位バイエルンに勝点6差をつけ、第15節の時点で早々とヘルプスト・マイスター(前半戦王者)を確定させる好調ぶりだった。

今回は、ここまで昨シーズンを上回る結果を残している上位勢から、チームの躍進に貢献した5人のヒーローを紹介したい。

※データは第17節終了時点(12月24日現在)

パコ・アルカセル(ドルトムント)

パコ・アルカセル

今夏、オーバメヤンとバチュアイの後釜を探していたドルトムントにバルセロナからのローン移籍で加入したパコ。

8月末の移籍だったこともあり第3節のフランクフルト戦がブンデスデビューとなったが、その試合で早速初ゴールを決めると、前半戦だけで12ゴールと荒稼ぎ。国外クラブ初挑戦でありながら、ゴールランキングでヨヴィッチ(フランクフルト)と並んでトップに立っている。

特筆すべきは出場12試合で90分フル出場は1度もなく、502分という出場時間の短さ。これにより、42分につき1ゴールという驚異的な得点率を残すこととなっている。

バルセロナではメッシとスアレスのバックアッパーという難しい立場にいたが、その力は確かだったようだ。