2018年も残りわずかとなってきたが、プレミアリーグでは年末年始も熱戦が続く。

ここでは、『Guardian』による「23歳以下の若手で組むプレミアリーグベストイレブン」を見てみる。

GK:アリヤネト・ムリッチ(マンチェスター・シティ)

アリヤネト・ムリッチ

1998年生まれの20歳

世界最高額GKであるケパが今季のプレミアに出場した最年少キーパーだが、彼は10月で24歳になった。

プレミアリーグのクラブが若手にチャンスを与えるのはリーグカップだ。シティが準決勝まで勝ち上がるなかで、ムリッチはエデルソンの良き補佐になれることを見せつけた。

コソボ代表の彼は身長2メートルながら、敏捷性があり、支配的だ。ペップも好感触を抱いている。

RB:トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)

トレント・アレクサンダー=アーノルド

1998年生まれの20歳

シーズンが始まった時にはまだ10代だったが、この右SBは驚くほど成熟した選手に成長し続けている。

速くて、クレバーで、粘り強い。さらには、ワトフォード戦でワンダフルなフリーキックを突き刺したように一発もある。昨季よりも一貫性を増している。