アーセナルのスペイン人MFサンティ・カソルラが足首の手術のために、3か月ほど離脱する見込みだ。

ここでは、『Squawka』で伝えていた「カソルラの後継となりうる、23歳以下のディープライン・プレーメイカーたち」の顔ぶれを見てみよう。なお、個々のスタッツは記事作成時のもの。

マフムード・ダフード

マフムード・ダフード

データ:ボルシアMG所属/ドイツ/20歳

20歳という年齢にも関わらず、ブンデスで確かな地位を確立しつつあるダフード。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が長期的なターゲットにしているとされており、プレミアリーグ参戦が強く噂されている。

ドイツU-21代表でもある彼はカソルラと全く同等のボールキープ力があるわけではないかもしれない。ただ、今季のブンデスでパス成功率82%という高レートをマークしている。

彼はカソルラよりも守備的なスタッツも印象的で、今季リーグでのタックル成功率は54%を記録。その一方で、カソルラより1つだけ少ない9回ものチャンスを作り出している。

ドリブル突破の成功率が46%というのが玉に瑕だが、全体としては非常に有望な選手だ。

【次ページ】その2