現在リーグアンで13位につけているトゥールーズFC。

パリ・サンジェルマンと同じ1970年に誕生したクラブは、ヴァイオレット(パープル)がメインカラー。一時期はヴァイオレット/ホワイトの垂直ストライプのユニフォームを着ていたが、現在は単色を基本とする。

そのトゥールーズは、DF昌子源の獲得で鹿島アントラーズとクラブ間の基本合意に達した。サッカーよりラグビーの人気が高いとも言われる街で、昌子はヴァイオレットのユニフォームに身を包む。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Toulouse 2018-19 Joma Home

今季のホームキットは前述の通り、ヴァイオレットの単色。このスタイルは昨季から継続している。

誕生当初のチームカラーは前身クラブから受け継いだレッドだったが、1977年のクラブ会長交代を機に現在の色に変更。トゥールーズ市はスミレの花(ヴァイオレット)の名産地であることから、別名「スミレの街」とも呼ばれ、これが現在のチームカラーの由来となっている。

トゥールーズ 2018-19 Joma ユニフォーム

パンツとソックスは、シャツと同じヴァイオレットで同色コーディネート。

トゥールーズ 2018-19 Joma ユニフォーム

コンプリートルックはこんな感じに。部分的に差し込まれているゴールドは、街の紋章に描かれているユリの花(フルール・ド・リス)と同じ色。