弱冠16歳でデビューし、「NEXTベイル」とも評されるライアン・セセニョン。フラムに所属する新鋭レフティは、イングランドの次世代を担うひとりとして期待されている。

その彼が『BT Sport』のインタビューに登場し、数々のユニフォームとの思い出などについて語った。

そこでは、かつてリヴァプールで活躍したスティーヴン・ジェラードの「17番」時代の話題も。

ライアン・セセニョン

「背番号17のジェラードのビデオを見ていたのを覚えているよ。

あるゴールが記憶にある。グディソン・パークでのエヴァートン戦で決めたやつさ。

強烈な一撃だった、右足でのシュート。だから、この(17番の)ユニフォームを覚えているんだ」

セセニョンが覚えていると語ったのは、2001-02シーズンのゴールのようだ(動画2分13秒~)。

確かに、厳しい角度から強引にゴールを奪う荒々しさが「17番時代」を感じさせる。