2018年の明治安田生命J2リーグを2位でフィニッシュし、6年ぶりのJ1昇格を決めた大分トリニータ。

序盤から安定した戦いぶりで常に上位をキープし、最後まで松本山雅FC、横浜FC、FC町田ゼルビアと優勝争いを展開。優勝チーム、昇格チームとも最終節で決まる大混戦の中でシーズン2位が確定した。今季は2013年以来となるJ1の舞台で戦う。

その大分が9日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。サプライヤーのPumaとは、パートナーシップを結んで22年目を迎える。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Oita Trinita 2019 Puma Home

J1 大分トリニータ 2019 Puma ユニフォーム

6年ぶりのJ1を戦うユニフォームは、Pumaの定番スタイル「PUMA TRIBES」のLIGA Modelを採用。肩から袖にかけてプーマの伝統的な「アパレルフォームストリップ」と、クラシックなデザインのVネックが特徴のデザインだ。

J1 大分トリニータ 2019 Puma ユニフォーム

背番号はチームのロゴマークの“T”を散りばめたゴールドカラーで、継続使用と思われる。

J1 大分トリニータ 2019 Puma ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、引き続き全身ブルーが基本スタイル。