UAEで行われているAFCアジアカップ。

グループステージで日本とも戦ったウズベキスタン代表は、決勝トーナメント1回戦でオーストラリアと対戦した。

前回王者相手に互角に渡り合うと、試合は0-0のままPK戦に。だが、2人が失敗したウズベクは惜しくも敗退が決まった。

そうした中、日本戦でもゴールを守った守護神イグナティー・ネステロフが代表引退を表明したようだ。『kun.uz』が伝えている。

イグナティー・ネステロフ(ウズベキスタン代表GK)

「(これが最後のアジアカップになると言っていましたが、代表チームのプレーを続けますか?)

ノーだ…若手がプレーすべきだよ。

おそらく自分はタシュケントで行われる次の代表戦ではプレーするだろうが、そこで代表での仕事は終わる。

今は若手たちが自分自身を示す番だ。自分は家族とより多くの時間を過ごすつもりさ」

「(ウズベク選手たちのパフォーマンスには)とても満足している。

皆に感謝したい。国中からスタジアムに来てくれたサポーター、テレビの前で応援してくれたファンたちにも」

代表キャップ数が100を超えるネステロフは1983年生まれの35歳。アジアカップ5大会に出場してきたベテラン守護神だ。