『L'Equipe』は19日、「マルセロ・ビエルサ監督が率いているリーズ・ユナイテッドは、23万ユーロ(およそ3000万円)の罰金を言い渡された」と報じた。

1月にイングランド2部で大きな話題になった「スパイ事件」。週末に控えていたダービー・カウンティ戦に向けて、リーズのビエルサ監督はスタッフを練習に派遣した。

しかしダービーの練習場でそのスタッフが発見されてしまい、リーズの関係者であることもバレてしまった。

さらに、抗議を受けたビエルサ監督は記者会見で70分に渡る講義を行い、「もっと調査をしていることを公にすべき」と持論を発表したのだ。

【関連記事】「スパイ疑惑」で抗議されたビエルサ監督、記者会見で70分講義する

しかし、結局イングランド・フットボールリーグはこのスパイ行為を違法なアプローチであるとみなし、今回リーズに23万ユーロの罰金を言い渡すことになったそう。

また、リーグ機構はこれをきっかけにスパイ行為に対する新たなルールを策定し、試合の72時間前以降は相手チームの練習を監視することを禁止したという。