22日に行われた、2019シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕戦。

セレッソ大阪のホームに、ビジャ、イニエスタ、ポドルスキの「VIPトリオ」を擁するヴィッセル神戸が乗り込んだ一戦は、セレッソ大阪の1-0勝利に終わっている。

【関連記事】大物ずらり!Jリーグでプレーする世界的な外国人10名

今シーズン最初のフライデーナイトJリーグ(金J)となった試合では、こんなサプライズ演出も行われた。

木梨憲武 イニエスタ

今年、DAZNのアンバサダーに就任した木梨憲武氏が、なんとイニエスタのエスコートキッズに!さらには試合前のキックインも担当した。

木梨憲武 イニエスタ

インサイドキックのフォームも様になっている。さすが帝京サッカー部出身!

DAZNのYouTube公式チャンネルでは舞台裏の様子も公開されている。

セレッソ大阪のマスコット、ロビーとのやり取りも面白い。木梨氏は今回のエスコート“おじさん”を終え、以下のように感想を語った。

「DAZNアンバサダーとして、選手と共にピッチに入ることは生まれて初めての経験で喜びでした。イニエスタ、清武、柿谷、水沼と有名な選手がいて日本人選手とは挨拶をさせていただきましたけど、イニエスタは俺のこと知らないっていうのも喜びでしたね。単純に“ワンフー”(ファン)の一人として、これから戦う選手たちの横に入れて嬉しかったです」

木梨憲武 イニエスタ

 「実は今回エスコートキッズというか、エスコート“おじさん”なんですが、試合前なのでイニエスタと手を繋ぐことは難しいと言われていました。でもピッチに歩き始めたらイニエスタの方から手を繋ごう!と言ってきてくれて『本当にいいの?』という感じで手を繋がさせていただきました。スーパースターは優しいですね」

木梨憲武 イニエスタ

「メッシと2回会ったんだって一生懸命日本語で伝えたんですけど、伝わらなかったです。笑 なのでただ手を繋いだだけ、小学生みたいなおっさんですね。貴重な経験で楽しかったです」

いよいよ2019シーズンが始まったJリーグ。J1とJ2に続き、2週間後の3月9日(土)にはJ3が開幕する。