宿敵レアル・マドリーとのエル・クラシコ2連戦に先勝したバルセロナ。コパ・デル・レイ準決勝2ndレグは0-3の快勝だった。

本日、リーガの舞台で両者は再び激突する。そうした中、『Financial Times』がバルサを特集。

そのなかで、エルネスト・バルベルデ監督はリオネル・メッシについての秘話を明かした。それによれば、メッシはどの試合でも開始数分間は“解析”に当てるという。

その時間帯のメッシはボールをあえて無視し、歩きながら相手ディフェンスの周辺を偵察。そして、相手の位置取りを頭の中に叩き込むそう。

エルネスト・バルベルデ(バルセロナ監督)

「そして、試合が進むにつれて、彼は徐々に(ゲームに)入っていく。

だが、彼は相手の弱点がどこにあるのかを完璧に把握しているんだ」

試合序盤はあえてボールに絡まず、相手を“偵察”しているというメッシ。

驚異的な得点力を誇るわりに、開始すぐにゴールを奪うことは少ないという話もある。その理由はこういうことだったのだろうか。

【関連記事】実はメッシとロナウドも…「交代拒否した5人のスーパースター」

クラシコのキックオフ直後、メッシの動きに注目したい。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】