今月末のインターナショナルマッチウィークに向けて、各国代表が招集メンバーを発表し始めている。

アルゼンチン代表はベネズエラ、モロッコと親善試合を戦う。

『Ole』によれば、リオネル・メッシとアンヘル・ディ・マリアが代表に戻ってくる可能性があるようだ。昨夏のワールドカップ以降、両者は代表戦に出場していない。

ただ、『Ámbito Financiero』によれば、メッシが出場する見込みなのはベネズエラ戦だけのようだ。

同試合はマドリッドにあるワンダ・メトロポリターノで行われるが、モロッコ戦はモロッコの首都ラバトで行われる。移動などの負担を考慮した措置だろうか。

そして、メッシのモロッコ戦欠場によって、アルゼンチンサッカー協会は50万ドル(5600万円)のボーナスを逃すだろうとも。

【関連記事】あの久保くんも…12人の「NEXTメッシ」はどうなったのか

アルゼンチンは今夏のコパ・アメリカでグループBに入り、コロンビア、パラグアイ、カタールと戦う。それを前にメッシの復帰となるのだろうか。