今月末のインターナショナルマッチウィークに向けて、各国代表は招集メンバーを発表し始めている。

そうした中、『RT』が気になるニュースを報じた。

DFヤロスラフ・ラキツキーがウクライナ代表から落選したという。昨年3月の日本代表戦にも出場していた彼は29歳のディフェンダー。

ヤロスラフ・ラキツキーが

もとはSBだったこともあり、並のCBとは思えない精度・破壊力の左足を備えたセンターバックだ。

そんなラキツキーはこれまでウクライナの名門シャフタール一筋でプレー。2009年にデビューすると、300試合以上に出場してきた。

だが、今年1月にロシアのゼニトへと電撃移籍。同クラブはロシアの半国営である「ガスプロム」が保有するチームだ。

【関連記事】「禁断の移籍」を許して後悔した9つのケース

ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコ監督はなぜ彼を除外したのか説明していない。

ただ、両国間に緊張があるなか、ウクライナを離れロシアに移籍したラキツキーの決断には国内から批判が寄せられていたという。