14日に最新の日本代表メンバーが発表された。

香川真司や昌子源ら複数の選手が復帰を果たした一方、権田修一、長友佑都、吉田麻也、酒井宏樹、大迫勇也など、アジアカップに出場した総勢13名が今回のメンバーから外れている。

その意図はどこにあるのか?森保一監督は会見で以下のように話した。

森保一監督

「招集していない選手について、長期間(一緒に)活動ができて、彼らの力をどうチームに生かしていくかは私の中で把握できているところがありますし、ケガや彼らが今チームの中で置かれている立場などを踏まえました。

これからも日本代表の戦力として追っていきたいですし、次のチャンス、活動に向けて(選手たちに?)日本代表に目を向けてもらえるようにできればと思っています。」