昨年からヴィッセル神戸でプレーする元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ。先日の清水エスパルス戦で今季初ゴールをマークした。

そのポルディとアーセナルで同僚だったポーランド代表GKヴォイツェフ・シュチェスニが当時を振り返った。

『Foot Truck』の動画に登場したシュチェスニは、アーセナル時代のこんな裏話を明かしていたそう。

ヴォイツェフ・シュチェスニ(現ユヴェントスGK)

「覚えているし、これはウソじゃないよ。

練習でポルディがボックス内の10~11メートルの距離でボールを持った時、僕はそれをセーブしたくなかった。

頭を覆ったのさ。誓うよ、自分の頭を守っていたんだ。

彼は本当に面白いやつさ。本当に普通の人でもあるけど」

ハンマー級のシュート力を持つことで知られるポドルスキ。

【関連記事】「アーセナルのベスト&ワースト移籍10」、日本人選手も…

あまりにも強烈なので、シュチェスニはセーブすることを放棄して自分の頭を守っていたとか…。