『Teamtalk』は24日、「リヴァプールはギニア代表MFナビ・ケイタを売却する用意がある」と報じた。

2017年夏にRBライプツィヒからリヴァプールへの移籍が決定し、昨年およそ5000万ポンド(およそ72.53億円)という額でアンフィールドにやってきたナビ・ケイタ。

しかし初めてのプレミアリーグにそれほど適応できておらず、ファビーニョらに差をつけられてしまう結果となった。

ユルゲン・クロップ監督はすでに彼を放出する意思を持っており、リヴァプールはなんと1000万ポンド(およそ14.51億円)程度でも売却する用意を整えているそうだ。

記事によれば、すでにバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントがナビ・ケイタの代理人と接触しているとも。

【関連記事】「リヴァプールでは失敗したけど…いま爆発している3人の実力者」

かつて活躍したブンデスリーガに復帰すればパフォーマンスは間違いなく改善されると考えられるが、リヴァプールは獲得した際の「5分の1」で売却するということになる。ビジネスとしては大きなダメージになってしまうが…。