2016年に起きたシャペコエンセの選手とスタッフが巻き込まれた墜落事故。71名が死亡する大惨事のなかで、6人が命を取り留めた。

そのうちのひとりだったジャーナリストのラファエウ・エンゼウさん(45歳)が死亡したと、『Globo』が伝えている。

心臓発作に見舞われた後、火曜日の遅くに亡くなったという。

【関連記事】恐ろしい怪我や病気から復活した14名の選手たち

地元シャペコでサッカーをプレーしている際に発作を起こして緊急搬送されたものの、息を引き取ったとされている。