2大巨頭としてサッカー界に君臨してきたリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド。

そうした中、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が2人についての持論を展開していた。

『Marca』によれば、昨年のワールドカップ中にWhatsAppを使って友人と話していた会話が流出したんだとか。

ディエゴ・シメオネ

「解決策が少ないチームにおいては、ロナウドのほうがよりフィットすると思う。多くの解決策を提供してくれるからね。

フットボールにフォーカスしているチームにとっては、メッシのほうがはるかにいい」

「クリスティアーノは違ったやり方で試合を決めることができる。彼には10回の攻撃は必要ない。

彼は2つのヘディングを決めて、我々を敗退に追いやった」

「2人ともチームが必要だが、その違いはとても小さなものだ。

リオネルは攻撃的なチームにいたほうが常にいいプレーをする。

もうひとり(ロナウド)は2つの動きだけで試合に勝つことができる。彼は状況を単純化するんだ。

メッシはうっとりさせてくれる。手の込んだフットボールをするからね。

レオは彼の全ての才能に寄り添うチームでプレーしている。彼はいつだって解決策を見つけ出すのさ」

ロナウドはよりシンプル、メッシはより精巧というような見方だろうか。

【関連記事】メッシとロナウドでさえ更新できないサッカー界の5つの記録を知ってるか

ただ、シメオネはメッシの同胞であることも考慮すべきかもしれない。