史上初のUEFAチャンピオンズリーグ3連覇から一転、21世紀最悪のシーズンになってしまったレアル・マドリー。

ここでは、『sportskeeda』による「この夏に獲得する必要がある5人のトップスターたち」を見てみよう。

エデン・アザール(チェルシー)

エデン・アザール

28歳、ベルギー、市場価値184億円

ロナウド退団後、常に噂されてきた補強候補は彼だった。アザールはその穴を埋めるだけの能力を確実に持っている。

前任者ほどの決定力はないとはいえ、レアルでも間違いなく任務を果たすはずだ。

今季アップダウンを経験したチェルシーのなかで圧倒的なパフォーマンスを披露。レアルにトロフィーをもたらしてくれる存在になることだろう。

チェルシーには補強禁止処分の問題があるが、もはや移籍成立は時間の問題とされている。

【関連記事】「大損になってしまった大型移籍、ワースト10」

また、チェルシーは彼の後釜として、バルセロナMFフィリペ・コウチーニョを獲得するとも。