UEFAチャンピオンズリーグ3連覇から一転して、失意のシーズンとなったレアル・マドリー。

功労者のひとりであるドイツ代表MFトニ・クロースにも退団の噂が出ている。

そうした中、彼はドイツのテレビ番組『Late Night Berlin』に出演。友人だという司会者とともにベルリンの街をドライブしたクロースは見世物に…。

さらに、地元のアディダスショップを訪れると…(動画5分56秒~)。

 

レアルの8番のユニフォームを手にとった2人はなんと万引き防止のアラームが鳴り響くなか店の外へ…。

ショップ側に確認をとったうえでの行動だったのかもしれないが、ちょっと仰天のシーンだった。

【関連記事】「レアル、クロースの代役に獲得すべきスーパーMF3選」

スタジオでの収録では様々な質問に答えたというクロース。「ブンデスリーガに戻って来たい?」という問いには、ノー!と答えていたとか。