23日、日本サッカー協会からコパ・アメリカに臨むメンバー23名が発表された。

事前に予想された通り、23名は基本的に東京五輪世代の若い選手たちに。そこに数人の中堅・ベテラン選手たちが加えられる形となった。

拘束力がないため、調整が難しい部分もあっただろうが人選にはやや疑問が残る。そこで備忘録の意味も込めて、招集すべきだった選手たちを挙げてみよう。

大島 僚太(川崎フロンターレ)

大島僚太

現五輪世代はCBの人材が豊富だが、まだ序列がはっきりしないのが守備的MFのポジション。DF中山雄太が務めるなど試行錯誤が続いている。

今回、スペインであまり出場機会を得られていない柴崎岳がW杯、アジア杯に続いて3大会連続で選ばれたが、そのポジションに相応しかったのは大島だったのではないだろうか。

彼は昨夏のW杯で出番を得られず、その後も選ばれてはケガをするという連続で代表から離れている。しかし川崎ではただいま絶好調で、現在のJリーグで“最高のMF”といっていい。

もちろんクラブ事情も考慮したうえでの人選だろうが、川崎がACLで敗退したことを考えれば呼べたはず。将来のA代表入りを見据えたメンバーたちとプレーする資格が彼にはある。