UEFAチャンピオンズリーグで2年続けてショッキングな敗退を喫してしまったバルセロナ。バレンシアとのコパ・デル・レイ決勝が今季最終戦になる。

そうした中、リオネル・メッシがあの悪夢のリヴァプール戦を振り返った。『BBC』によれば、こう述べたという。

リオネル・メッシ

「あのリヴァプール戦の後半については謝らなければいけない。

その理由は結果ではなく、その見え方(戦い方)だ、僕らは太刀打ちできなかった。

人生で最悪の経験のひとつだった」

「(バルサを去ることを考えたことがあるか)

No、no、no。

代表では問題を抱えているけれど、まだ何かを勝ち取りたいんだ。

CL敗退はその欲求を失わせるものではなかった」

【関連記事】今季も神だったメッシ!珠玉の36ゴールを動画で見る

バレンシア戦には敗れたくないと意欲を見せたというメッシ。コパ・アメリカ前に今季最終戦でどんなプレーを見せるだろうか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】