この夏の去就が大きな注目を集めているPSGのブラジル代表FWネイマール。

ファンタジスタらしからぬタフさを兼ね備えた選手として、10代の頃からプロの第一線で戦ってきた。だが、彼も27歳になり、近年は故障も増えている。

そうした中、元ブラジル代表のゼ・ホベルトが警鐘を鳴らした。

彼はレアル・マドリー、レヴァークーゼン、バイエルン・ミュンヘンなどでプレーし、43歳まで現役生活を続けた本物の鉄人だ。『Süddeutsche Zeitung』のインタビューでこう述べたそう。

ゼ・ホベルト

「ネイマールは心を根本から変えなければいけない。

その偉大な才能によって担ってしかるべきリーダー的役割を逃す道を歩んでいる。

怪我も助けにならなかったが、彼の頭はフットボールだけに100パーセント集中していない。

ある時点でフットボールの喜びを失うだろう」

「(ネイマールも43歳までやれるか?)

No、ノーだ。もし彼がこのままを続ければ、30歳の時にはプレーすらしていないだろう」

「フットボール界には常に金や誘惑がある。だが、メッシやクリスティアーノ・ロナウドの生活は(ネイマールとは)違う」

心配しているからこその助言だったようだが。

【関連記事】 あまりにも早く衰えた10名の「元天才」

なお、ゼ・ホベルトは2017年に現役を引退。今月6日で45歳になる。