『Football London』は10日、「バルセロナに加入したオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは、アーセナルに行くプランを持っていた」と報じた。

今夏アヤックスで大ブレイクを果たし、バルセロナに7500万ユーロ(およそ91.6億円)で引き抜かれたデ・ヨング。

21歳で世界最高のクラブにたどり着いたデ・ヨングは、『Voetbal International』に対して以下のように話したそう。

フレンキー・デ・ヨング

「僕の心の中では、長い間このようなリストを抱いていたんだ。

『アヤックス→アーセナル→バルセロナ』

これは『マルク・オーフェルマルス・ルート』と呼んでいるよ。

とは言ってもだ。もしダイレクトにバルセロナに行くことが出来たならば、行きたい場所に行ける。思い描いた形よりも速くね」

計画ではアヤックスからアーセナルに行き、それからバルセロナにたどり着くつもりだったという。