38歳での現役引退を発表した元イングランド代表FWピーター・クラウチ。

身長201cmを誇る超長身ストライカーとして、トッテナムやリヴァプール、ストークなどで活躍した。Optaによれば、ヘディングでのプレミアリーグ史上最多ゴール記録(53得点)を持つのは彼だそう。

その一方、あのぎこちない動きからは想像できないアクロバティックなスーパーゴールも決めている。

マンチェスター・シティも「あのゴールは絶対忘れない!」と、伝説的ゴールをあらためて振り返っていたぞ!

ボックス外から決めた仰天のボレー!これは文句なしにすごい。

これは、ストーク時代の2012年3月にぶち込んだ一撃。試合は1-1の引き分けに終わったが、クラウチは「自分史上最高かもね。ボールが落ちてきた時、浮かしてボレーのテクニックを試そうとした。たくさん練習してるけど、常にあんな風に飛んでいくわけじゃないよ!」と自画自賛していた。