昨季の大躍進によって話題を集めたアヤックスは、今夏フレンキー・デ・ヨングをバルセロナに放出しており、さらにマタイス・デ・リフトの退団も近づいているという。

しかし活躍を見せた選手の一人であるハキム・ジヤシュ(オランダ読みならツィエク)には具体的な噂はなく、残留の可能性が高まっている。

『Voetbal International』によれば、アヤックスのディレクターを務めるマルク・オフェルマルスが以下のように話し、ジヤシュを自身の古巣アーセナルに売り込んだことを明らかにしたそうだ。

マルク・オフェルマルス

「私は少し驚いているよ、まだハキム(ジヤシュ)の周りがとても静かであることにね。

彼は毎年毎年プレーを改善させてきたと思うし、そのスタッツは傑出して素晴らしいものだ。多くのクラブがますますそれを目にしている。

彼らは、ハキムの周りで起こっていることや見せているものよりも、数字をよく見ている。彼はメスト・エジルよりもいい選手だと思うよ。

私は言おう。メスト・エジルを売るべきだと、そしてその利益の半分でハキムを買えと。

しかしアーセナルは私の言うことを聞かなかったね。だから、彼はアヤックスに残るかもしれない」

【関連記事】 注目するなら今!アヤックスが誇る「6人のワールドスター候補生」

このところ調子を落としている上に給与が高額なエジルを抱えているくらいなら…ということだが、アーセナルは断っているようだ。