MLSのLAギャラクシーでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ。37歳になった彼の契約は今年末までとなっている。

そうした中、注目の発言をしたようだ。『Telegraaf』によれば、こう述べたという。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「普通なら俺はかつてプレーしたクラブには戻らない。

だが、キャリアを終えた後にアヤックスのディレクターになるかもな。

俺なら今その職にある誰よりもいい仕事をするだろう」

「特にオランダは楽しかった。

(アヤックス加入)当初は俺を叩くサポーターもいたが、俺が去った時に彼らは泣いていたよ。

最後に残ったのは俺だった」

「オランダにおける俺のクラブは今もアヤックスだ。あそこにいたことを誇りに思う」

基本的に古巣には戻らないとしつつ、アヤックスなら戻ってもいいという。

しかも、選手でも監督でもなく、ディレクター職でということなのだが、果たして…。