2017年に破格の移籍金でマンチェスター・ユナイテッド入りしたベルギー代表FWロメル・ルカク。ただ、チームでの立場は不安定になっており、インテルやユヴェントスへの移籍が盛んに噂されている。

そうした中、チームから問題視される行動があった。

ルカクはTwitter上にユナイテッドのランニングテストの数値をポスト。自身はチーム2番目のスピード(36.25km/h)を叩き出したとして、スピード不足を指摘する声を打ち消そうとするような内容だった。

だが、『Telegraph』によれば、スールシャール監督はチームの内部情報を漏らしたルカクの行為を快く思っておらず、すぐに該当ツイートを削除するように命じたという。

また、フアン・マタなどはこのツイートにジョークで対応していたが、低い数値だったことをバラされた形のルーク・ショウは不満を露わにしている。

今回の件でルカクとスールシャール監督の関係はさらに悪化。もはや指揮官の構想には入っておらず、両者ともに移籍の成立を望んでいるというが…。