今夏FC東京からレアル・マドリーに加入した日本代表MF久保建英。

先日トップチームから離れてBチームにあたるカスティージャに合流しており、14日にはクルトゥラル・レオネサとの親善試合に先発出場した。

合流から間もない状況でまだ周囲との連携も作れておらず、さらにトップでともにプレーしていたロドリゴも怪我で離脱。そんな厳しい環境の中で久保建英は好プレーを見せる。

前半10分にはこの強引な持ち込み、一度奪われかけるもワンツーからなんとかペナルティエリア左に入り込み、角度のないところから仕掛けてシュート!(動画13:10~)

さらに前半16分には右サイドでの一対一から、相手のタイミングを外した一発の突破に成功し決定的なクロスを送った(動画19:13~)。

ただこのプレーも得点には繋がらず、レアル・マドリー・カスティージャはクルトゥラル・レオネサに3失点してしまい、この試合を0-3で落としている。