この夏、アトレティコ・マドリーが150億円を超える移籍金を支払って獲得したポルトガル代表ジョアン・フェリックス。

19歳の神童はリーガ開幕戦でも圧巻のプレーを見せつけた。そんなフェリックスのあらぬシーンが撮影されてしまった。『AS』が取り上げたのは、練習中の排尿シーンだ…。

どうにも我慢できなかったのか、チームメイトに背を向け、隅っこのほうで立ちションするフェリックス。

周りには気付かれていなかったというものの、しっかり撮られていたようだ。

久保建英のあくびといい、こんなところまで撮影されてしまうのはスターだからだろうが…。