本日8月23日(金)、いよいよ現役ラストマッチを迎えるサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。

35歳のストライカーは、親友イニエスタや盟友ビジャが所属するヴィッセル神戸と、19:30から対戦する。

トーレスは、チェルシーやアトレティコ・マドリーでCLとELを制し、スペイン代表でもEUROとW杯で優勝を収めるなど主要タイトルに手にしてきた。

“エル・ニーニョ”(神の子)と呼ばれてきた彼がついに迎える最後の試合。

それを前に、栄光やタイトルだけではない、トーレスでキャリアにおいて残してきた「ちょっとした伝説」を改めて振り返ってみたい。

衝撃的リュック

フェルナンド・トーレス

私服でポケモンのリュックを背負っていたのは衝撃的だった…。

ただ、安心してください!これは本人のものではなく娘ノーラちゃんのもの。