世界最高レベルの戦いが展開されるプレミアリーグの2019-20シーズンが開幕した。全20チームは新たなユニフォームを身にまとい戦いに挑んでいる。

そうした中、『Love the Sales』は、プレミアリーグ~英4部リーグまでの全92チームのユニフォームの英国内での人気を調査した。

アーセナルは今季からadidas製のユニフォームに回帰したが、現地での評判は上々のようだ。

なんでも、英国で2番目に人気あるホームユニはアーセナルだそう(1位はリヴァプール)。

なんと、昨季と比べて84%も需要が急増しているとのこと。クラシックなデザインだが、今季はレトロなユニフォームがトレンドのようだ。

さらに、今季最も人気あるアウェイユニフォームもアーセナル!

アーセナルアウェイユニ

ホームユニを含めても英国内全体で8番目の人気だそう(全体1~7位は全部ホームで、アウェイとしてはアーセナルがトップ)。昨季と比較すると105%も需要が跳ね上がっているとのこと。

この黄色のアウェイは90年代に伝説となった「腐ったバナナ」ユニの復刻と言えるデザイン。

歴代ワーストユニとしても定番になっている1991-93シーズンのアウェイキットだが、ファッション業界では高評価を得ていたとか。