バルセロナで注目される16歳のアンス・ファティ。

かつて彼と同じようにバルサで期待されていたアダマ・トラオレは現在ウォルヴァーハンプトンでプレーしている。

サッカー界屈指のスピードキングとして知られるアダマ。トリノとのUEFAヨーロッパリーグ予選プレーオフで見せた爆速が話題になっている。

それがこれ!(動画50秒~)。

右ウィングバックの位置から飛び出していい形でボールを受けたアダマ。前にスペースがあると見るや、持ち前のスピードで相手をブチ抜いてシュートまで持ち込んだのだ。

なんという速さ…。単純なスピードだけでDFをブチ破っている。

バルサユース時代には大事な試合でスパイクを家に忘れることもあったアダマ。ウルヴス1年目だった昨季もパスポートの不備で遠征から外れるなど苦しんだ。

今季もプレミアリーグでは2試合ともに途中出場だが、ヌーノ監督からの評価は上がっているようだ。

ウィングバックに挑戦しているアダマについて、指揮官は課題はあるとしつつも、「今回の彼は守備も安定していた。CBをカバーしたり、空中戦に競り勝ったりね」と讃えていた。

なお、ウルヴスはトリノとのプレーオフを5-3で制してEL本戦出場が決定。グループステージでは、ベシクタシュやブラガと戦う。