日本代表MF堂安律が移籍したオランダ屈指の名門PSV。

これまでアリエン・ロッベンやドリース・メルテンスら好選手を輩出してきた。

ただ、PSVでは大活躍したものの、その後は苦しんでしまった選手たちも存在する。

メンフィス・デパイ

メンフィス・デパイ

PSV在籍:2011~2015 移籍先:マンチェスター・ユナイテッド

ガーナ人の父親とオランダ人の母親のもとに生まれたデパイ。

PSVで育成され17歳でトップデビューを果たす。非常にしっかりした技術を持っており、左サイドからのカットインシュートやセットプレーを武器に得点を量産しまくった。

エールディビジの最強ウィングとなった彼をPSGが獲得寸前となるも、代表での師でもあったファン・ハールが熱望したこともありユナイテッドが電撃獲得。

だが、ピッチ内の低調さにピッチ外のお騒がせ騒動などによって、ファン・ハールからの寵愛を失うと、後任のジョゼ・モウリーニョからは構想外を宣告される。その結果、わずか1年半でユナイテッドを退団することに。

ただ、リヨンでは違いを生み出すプレーを見せ続けており、あのブッフォンもフランスで最も驚いたのはデパイだったと述べている。

また、オランダ代表でも得点源として活躍中。主軸としての地位を担っており、もはや復活したといえるかもしれない。