日本代表MF堂安律が、PSVに移籍することになった。

本拠地がアイントホーフェンという小さな町にもかかわらず、世界的な企業フィリップス社の支援を受けるPSVは、アヤックス、フェイエノールトと共にオランダ3強の一角を形成し、1980年代には欧州の頂点に立った名門クラブである。

そこで今回は、そんなPSVを経由し、世界のスーパースターへと上り詰めたアタッカーたちをご紹介しよう。堂安は彼らに続くことができるだろうか。

ルート・フリット(オランダ)

ルート・フリット

PSVでの成績:68試合46得点(1985~1987)

20世紀を代表するレジェンドとして日本でも名高いフリットは、PSVから世界的な選手となった。

国内のハーレム、フェイエノールトで活躍後、1985年にPSVへ。2シーズンで68試合46ゴールという記録を残すと、当時の世界レコードとなる移籍金でセリエAのミランへ移籍した。

ミランではその期待に応え、1年目の1987年にバロンドールを受賞。その後もフランク・ライカールト、マルコ・ファン・バステンとのいわゆる「オランダトリオ」でクラブの黄金期を築き上げた。