3日に行われたオランダ・エールディビジの開幕節トゥウェンテ対PSGの試合に先発出場した中村敬斗。

そして、この試合ではなんとトゥウェンテが「ヨーロッパで2位の記録」を作っていたという。その映像がこれだ。

これはトゥウェンテのサポーターが制作した、横240メートル、縦40メートルという大きさのバナー。面積は1万平方メートルを超え、縫製は6キロメートル以上。作成には6週間を要したとのこと。

オランダ国内ではもちろん最大のもので、欧州でもディナモ・ドレスデンに次ぐ2番めの大きさであった。書かれているのは「FCトゥウェンテ、私の人生のすべて」という言葉だ。

トゥウェンテの監督ゴンサロ・ガルシアは、「素晴らしい。彼はもっとこれができる。私はそれが可能であることを知っている」と中村敬斗を高く評価していることを明かしたという。

トゥウェンテの次節は日本時間11日の午前1時半から、堂安律や板倉滉が所属するフローニンゲンとの対戦である。

中村敬斗は再び活躍を見せることができるだろうか?