早いところではリーグ戦が始まり、欧州の新シーズンも本格的に幕開けを迎えようとしている。

オランダは今週末にエールディビジの開幕を控えるが、FCフローニンゲンは27日、スパルタと強化試合を行った。

この試合には日本代表の堂安律、板倉滉がそろって先発で出場。開始3分、堂安が左足で素晴らしい先制ゴールを決めたぞ(動画16秒から)。

ゴラッソ!

開始直後のシュートは相手GKに弾かれたが、そこで獲得したコーナーを味方が繋ぎエリア外で待つ堂安へ。これを左足アウトサイドのボレーで合わせると、GKが足を滑らせ無人となっていたゴールに吸い込まれた。

ただ試合は4-2でフローニンゲンは敗戦。堂安、板倉はどちらも90分間プレーしたがDFとして出場した板倉にとってはほろ苦い一戦となった。

フローニンゲンは今週末のエールディビジ開幕戦でエメンの敵地に乗り込む。3シーズン目を迎える堂安は、どんな活躍を見せてくれるだろうか。