日本代表も招待された今夏のコパ・アメリカで最もブレイクした選手といえば、ブラジル代表FWエヴェルトンだろう。

欧州移籍も噂された23歳の新鋭は、少なくとも年末まではグレミオに残ってプレーすることになった。

そのエヴェルトンがまたスゴ技を見せたと話題になっている。サントス戦でやった超絶技巧がこれ!

トリッキーなボールタッチで鮮やかに股抜き!ビデオゲームか…。

抜き去られたマリーニョは、思わず地団駄を踏むような仕草を見せていた。彼はこの直前の1vs1でボールをエヴェルトンから刈り獲られており、思いっ切りやられてしまった形。

また、マリーニョは別の場面で他の選手からシャペウを決められるなど散々な目に。

ここでも餌食に…。

なお、試合は0-3でグレミオが勝利。エヴェルトンは1ゴール1アシストと圧巻のパフォーマンスを見せている。