現在イタリア・セリエAは11試合を消化している。そこで唯一「1試合1得点」を上回るペースでゴールを決め続けているのがラツィオのFWチーロ・インモービレだ。

ドイツやスペインでは苦戦したが、イタリアに戻ってからはまさに獅子奮迅の大活躍。今季は11試合で13ゴールと得点ランキングを独走している。

しかし、どうやら彼は飛行機に乗っている時にこんな感じになっていたようで…。

「インモービレはラツィオで100ゴール決めてもなんてことはない男だが、こんな感じだよ」

動画を撮影しているフランチェスコ・アチェルビが茶化す中、インモービレは苦痛に悶える!

なぜインモービレがこんなに苦しんでいるのかはメディアによって解説が違うのだが、『Diaz』によれば「当初は腹痛と報告されたが、ただの飛行機恐怖症でのパニックである」とのこと。

かつては「アンフライング・ダッチマン」と呼ばれたデニス・ベルカンプも飛行機が苦手な選手として知られたが、インモービレもそうなのだろうか…。