フランク・ランパード新監督のもとで、躍動を見せているチェルシー。

補強禁止の煽りを受けると思いきや、抜擢した若手選手たちが素晴らしいプレーを披露している。

そのチェルシーの罰金リストが流出したと『Daily Mail』が伝えた。その一部を抜粋する。

「試合日・出発に遅刻する:罰金2500ポンド(35万円)

練習の集合時間に遅刻する:2500ポンド(35万円)

練習前のジムトレーニングに遅刻する:1000ポンド(14万円)

治療に遅刻する:2500ポンド(35万円)

ミーティングに遅刻する:1分ごとに500ポンド(7万円)

練習スタートに遅刻する:2万ポンド(280万円)

チームの食事中・ミーティング中に携帯電話を鳴らす:1000ポンド(14万円)

遠征や試合日での間違った服装:1000ポンド(14万円)

48時間前までに監督かアシスタントコーチに通知することなく試合後にチームバスに戻らない:5000ポンド(70万円)

組織やコミュニティの業務を拒否または欠席:5000ポンド(70万円)

オフになる前日か練習の90分前までに病気や怪我を報告しない:1万ポンド(140万円)

これらの罰金は14日以内に支払わない場合は2倍に増額される。そして、集めた罰金はチャリティに寄付されたり、チームの活動費に充填されるとのこと。

さらに、オフであっても国外旅行をする場合にはクラブに絶対知らせる、選手の代理人は公式な業務でない限り練習場に立ち入れないなどとも記されている。