LAギャラクシーからの退団が決まったズラタン・イブラヒモヴィッチ。1月の移籍市場での動向が注目されている。

恩師ジョゼ・モウリーニョが就任したトッテナム説も浮上するなか、『Sky』によれば、古巣ACミランは正式なオファーを送ったようだ。そのイブラのミラン時代の伝説ゴールがこれ!

そもそもシュート力がおかしい…。絶品フリーキックもあるぞ!(上記動画28秒~)

そうした中、かつてミランで大活躍したアンドリー・シェフチェンコ氏がイブラ復帰説についてコメントした。『Corriere Della Sera』に対して、こう述べたそう。

アンドリー・シェフチェンコ

「もしイブラヒモヴィッチがイタリアへの復帰を望み、コンディション的にフィットしているなら、彼は多くのことをもたらすことができるはずだ。

彼はいいやつだし、物凄いキャリアを送ってきた。どの移籍先でもいい仕事をしてきた。

彼がミランに戻りたいなら、チームを大いに助けることができる。

ミランを受け入れるなら、大きな責任を負うことを意味する。

彼のキャリアの終着点であり、ピットストップではないだろう」

今季12試合でわずか11ゴールのミランはセリエA14位と低迷中。

マルディーニの息子である18歳のFWダニエルをトップチームに初招集したばかりだが、イブラ加入となれば状況は変わりそうだ。