現在久保建英がプレーしているマジョルカ。その本拠地は地中海に浮かんでいるバレアレス諸島の中心地マヨルカ島だ。

『Antena3』によれば、そのマヨルカ島で行なわれたユーストーナメントで大きな事件が起こったそう。

試合はカンポス対ペーニャ・アラバル。結果は1-2で後者が勝利を収めたのだが、ペーニャ・アラバル側の選手がゴールの際に地元ファンを挑発したことで…。

記事によれば、ペーニャ・アラバルが90分にゴールを決めた際、ベンチにいた3名の選手がピッチに入って挑発行為をしたことにより、両チームの選手やサポーターがもみ合いに発展したとのこと。

結局これによって審判は試合を早期に終了させなければならなくなったが、幸いにいて大きな怪我を負った者はいなかったそうだ。